fbpx
畑を、あそぼう

株式会社Rootは、
畑を楽しむネットワーク
「はたけあそびネット」を
運営しています。

はたけあそびネットとは?
スマートフォンから
自分の野菜を栽培する

リモート体験農園システム
「Root Farm」の
開発・運営を行っています。

Root Farmとは?
創造的に、畑をあそぶ

「畑×TECH」での気づきを基に、
あそぼう!の精神で、独自の
技術プロジェクトを
進めています。

プロジェクトについて

はたけあそびネット

毎日の畑の営みを綴る映像やまなび・クイズなどのコンテンツを入り口にして、現地で楽しむイベント・収穫の案内まで、はたけの多様な楽しみ方をスマートにリードするネットワークです。

はたけあそびネットへ

はたけストーリー

あなたと共に野菜や動物も参加する、はたけの簡単SNS。畑で紡ぎだされる物語に入り込んで、日々の生活に緑のリズムを。

気づき・探究・クイズ

野菜やいきものについての楽しく学べるコンテンツも配信。クイズに挑戦することで、イベントや野菜の注文に使えるポイントも貯まります。

イベント・収穫

各地の農園でのイベントの紹介からお申し込みまでをサポート。個別に楽しみたい方向けにも、旬の野菜果物の収穫体験もご案内しています。

あそびネット会員メニュー

あそびネット会員

■ 会員登録無料

【できること】
◎ あそびネットのSNSに参加
◎ クイズなどのコンテンツ
◎ ポイントを貯める
× ポイントを使用
詳細とお申込みは、下のボタンから「あそびネットの使い方」のページへ。

あそびネットプレミアム会員

■ ¥500/月(税抜)
■ 3, 6, 12ヶ月契約で割引あり
【できること】
◎ あそびネットのSNSに参加
◎ クイズなどのコンテンツ閲覧
◎ ポイントを貯める
◎ ポイントを使用する
詳細とお申込みは、下のボタンから「あそびネットの使い方」のページへ。

Root Farmあしがら

リモートからも楽しめる体験農園サービスです。
忙しくて定期的に畑に来ることが難しい東京の方でも、自然豊かな足柄の畑で「自分の野菜栽培」を「毎日」楽しめるようにと開発・運営を行っています。
畑ネットワークは、神奈川県西の足柄・小田原にあります。

Root Farmあしがらへ

サポート付きで
野菜を育てる

「マイブロック」の日々の管理は現地スタッフが行うので安心。野菜を育てる過程はウェブ・アプリから映像や作業指示を通して楽しめます。

いつでも気軽に
畑で作業や収穫を

畑には、農業用具・作業資材から耕運機が揃っています。併設のレストハウスでは調理も自由にでき、可愛いヤギとも遊べます。

季節のお野菜の
収穫・配送

会員特典として毎月、Root Farmネットワークの畑でできる旬のお野菜の配送と、現地での収穫券を無料で受け取れます。

Root Farmあしがら会員メニュー

マイブロック会員

■ ¥3,000/月(税抜)
■ 3, 6, 12ヶ月分のお申込みで割引あり

【サービス内容】
◎ マイブロックでの作物栽培
◎ 毎月の無料収穫、配送
◎ イベントへの招待、優待
◎ 「あそびネット」のポイント使用
詳細とお申込みは、下のボタンから「Root Farmあしがら」のページへ。

配送収穫会員

■ ¥1,500/月(税抜)
■ 3, 6, 12ヶ月分のお申し込みで割引あり

【サービス内容】
× マイブロックでの作物栽培
◎ 毎月の無料収穫、配送
◎ イベントへの招待、優待
◎ 「あそびネット」のポイント使用
詳細とお申込みは、下のボタンから「Root Farmあしがら」のページへ。

技術プロジェクト

科学的・創造的に畑をあそぼう!のコンセプトのもと、独自の気づきから世界でここだけのプロジェクトを進めています。

Agri-AR Holo

スマートグラスを用いて空間上にガイドを表示し、ハンズフリーで直線をとったり計測を行うことができるようなアプリを開発しています。

ヤギや野菜と会話する

畑のデータ計測と分析にAI技術を組み合わせ、長年比喩として表現されてきた「野菜と会話しながら育てる」ことの実現を目指します。

アプリDE罠猟

猪や鹿用の罠付近に設置したカメラ映像を共有し、ネットワークに参加するコミュニティ全体で獲物を監視し、早期発見を実現します。

日々の生活に
自然に根差した
豊かな暮らしの味わいを

Root Farmは、日本の農業の新しい可能性を、足柄の小さな畑から、切り拓きます。
We are pioneering a new age of agri-business from Ashigara, Japan.

はたけあそびネットへ

受賞・表彰

 
Root(Remote observation & operation technology)は、人にとって最も大切な農産業において、ビジネス、技術・アイデアを革新するモデルです。その意義と可能性は、日本はもちろん世界9ヵ国のコンペ・審査会などでも高く評価されています。