fbpx
畑を、あそぼう

株式会社Rootは、
いつでもどこからでも
畑をあそべる
リモート体験農園サービス
を開発運営しています。

リモート体験農園サービスとは?

リモート体験農園サービス

いつでも、どこからでも自分の野菜栽培を楽しめる体験農園サービスです。
この仮想(ネットワーク)と現実の融合による新たな農業事業の創出は、足柄の小さな畑『Root Farm あしがら』を拠点に行っています。

フルサポート付きで
自分の野菜を栽培する

自分の区画(マイブロック)のお野菜の日々の世話は、現地の管理者が行うので安心。野菜の成長はスマホから、データと映像で確認できます。

ウェブシステムで
スマホから畑をあそぶ

独自システム「はたけあそびネット」から、畑を体感して遊べます。VR・ドローン・データ解析やAIチャットで、ディープで能動的な畑体験を。

畑に足を運んで
あそぶ

もちろん、いつでも畑でお待ちしています。鋤・鍬等の農業資材、キッチンとトイレ完備のレストハウスも使えます。やぎ母娘とも遊べるよ。

そして、各地の農園を「あそぶ」
ユニークなプラットフォーム事業へ

開発したウェブシステムを他の農園に展開し、弊社のプラットフォーム「はたけあそびネット」上で公開する事業を開始しました。
参加農園は日々の現場の営みを今までにない形で発信でき、広く一般の消費者と畑の味わいを共有することができます。

「畑をあそぶ」ことに特化した
ウェブシステムの導入支援

参加農園は、専用の会員制ウェブSNSを開設することができます。映像・チャット・イベントの企画配信などで会員やファンと交流することができます。

映像で、魅せる
 

畑の美しさ・味わいは、映像で伝えるのが一番。参加農園には、タイムラプス・スロー動画・ドローン・VRなどの技術の導入支援も行います。

データで、魅せる
 

IoTやAI、データ解析により、開花や収穫日の予想・カウントダウン、野菜やヤギの気持ちの判定など、今までにない畑の魅せ方をご提案します。

参加農園の例

現在はたけあそびネットには、茨城から沖縄まで合計10の農園さんが参加しています。

足柄茶ラボ 実習茶園

小田原荻窪にある足柄茶ラボさんの実習茶園です。農薬を使わない丁寧なお茶づくりをしています。煎茶の販売のほか、気軽にお茶を愉しむイベントもたくさん行っています。

おだわらイノシカネット

森や田畑を自衛するため、小田原足柄で罠をかけて猪鹿を捕獲しています。ICTを使用した生態観察やダニの研究、罠づくりなどの講座も実施しています。

足柄さくら里山

自分の桜を植樹して「マイ桜」として観察管理でき、足柄の里山を周年で楽しむ会員制サービスを提供しています。里山の魅力をパッケージにしてみんなで共有する、新しい試みです。

参加農園、募集中!!

「独自のウェブシステムから日々の営みを発信したい」「空いている土地を利用してリモート体験農園を運営してみたい」といったご希望を、ぜひ一緒に実現させてください。
以下の料金プランを軸に柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
(価格は税抜)

ウェブSNSシステムの制作運営

■1年契約:¥50,000
■お試し :¥25,000(4か月)
※上記料金によるサービスには、ウェブシステムの制作公開および、弊社による週に1回(30分程度)のコンテンツ更新が含まれています。

コンテンツの制作更新(追加)

■¥5,000/時間(目安)
追加での映像のアップロードやイベントページの作成のほか、例えば、畑で育てている野菜や動物たちとLINEやFacebookで会話できる「AIチャット」の制作なども承っています。

決済システムの導入

■1サイト:¥30,000
クレジットカード、キャッシュレス(PayPay、LINE Payなど)、コンビニ決済などの各種決済の導入を行います。これによりオンラインショップの運営が可能になります。

【問い合わせ先】


株式会社Root
info@root-farm.com

さらに、畑の営みを「コンテンツ」に。
参加者と農園、みんなが喜ぶプラットフォームへ。

参加農園さんの日々の営みを「まなび・体験のコンテンツ」にデザインし、主に親子向けのまなびのイベントとして提供するサポートを行っています。
畑の味わいを楽しむことを中心としている弊社だからこその視点で、様々なイベントを企画提供します。
イベントの開催により、少なくとも上記システム制作費用以上の収入をお届けすることを目標にしています。

竹から手作りする夏の風物詩!
流しそうめん&スイカ割り

茶畑で整枝&美味しく淹れる!
名産地足柄で茶畑体験

最新テクノロジーを導入!
暮らしとつながる未来のはたけ体験

ユニークな技術プロジェクト

科学的・創造的に畑をあそぼう!のコンセプトのもと、世界でここだけの技術プロジェクトも複数、進めています。

Agri-AR Holo

スマートグラスを用いて空間上にガイドを表示し、ハンズフリーで直線をとったり計測を行うことができるようなアプリを開発しています。

ヤギや野菜と会話する

畑のデータ計測と分析にAI技術を組み合わせ、長年比喩として表現されてきた「野菜や動物と会話しながら育てる」ことの実現を目指します。

3D-CTで、野菜の中を観る

3D-CT技術を使用することで、種や苗の内部を切らずに観察することができます。東海大学と共同研究契約を締結しプロジェクトを進めています。

日々の生活に
自然に根差した
豊かな暮らしの味わいを

Root Farmは、日本の農業の新しい可能性を、足柄の小さな畑から、切り拓きます。

受賞・表彰

株式会社Rootは、人にとって最も大切な農産業において、ビジネス・技術・アイデアを革新するスタートアップです。その意義と可能性は、日本はもちろん世界9ヵ国のコンペ・審査会などでも高く評価されています。